猫アレルギーの症状は何か?また予防対策は何をすればいいか?

猫アレルギーの症状は何か?また予防対策は何をすればいいか?

猫アレルギーの症状と、それが原因の社会問題

猫アレルギーは、他のアレルギーと同じく、猫由来のアレルゲンに体が反応して様々なアレルギー症状を引き起こします。症状してよく知られているのは、目のかゆみ・充血・腫れ、鼻のかゆみ・くしゃみ・鼻水、のどの痛みや咳、蕁麻疹や皮膚のかゆみなどです。

飼い主の猫アレルギーが原因による飼育放棄のために年間5万頭以上の猫が処分されているという事実もあり、猫アレルギーは決して無視のできない問題であると言えます。猫を飼育する際には、触れ合うことになる家族全員が必ず猫アレルギー検査を受け、問題ないことを確認してから飼うべきです。また飼育後に猫アレルギーになることを予防対策も十分に練っておくべきです。

猫アレルギーにならないようにするための予防対策

猫アレルギーの原因として5種類のアレルゲンが知られていますが、その特徴は花粉粒子と比べて十分の一のほどの大きさしかない、つまり小さいために遠くに移動しやすく、かつ同じ場所にずっととどまりやすいということです。猫アレルギーのアレルゲンは、猫のいない家でも発見されたり、猫のいない南極で見つかることもあるという話です。

猫アレルギーを防ぐ、つまり猫のアレルゲンを取り込まないようにするには以下のような対策をしておくとよいでしょう。空気清浄機や掃除機や微細粒子を除去できるような専用のフィルターを用いてください。またウール系の衣類やカーペットなど、アレルゲンが吸着しやすい素材のものを排除してください。猫に触った後の手洗いを心がけ、絶対に猫が立ち入れない区域を作っておきましょう。またアレルギー症状は連鎖反応しやすいので、花粉、ダニ、ホコリなどの他のアレルゲンも取り除くように徹底しましょう。


関連するレポート

    None Found

Comments Are Closed!!!