子猫または成猫を飼うメリットとデメリットってそれぞれ何?

子猫または成猫を飼うメリットとデメリットってそれぞれ何?

子猫または成猫を飼うメリットとデメリットを理解しよう

初めて猫を飼おうというときに、まず選択すべきことがあります。それは幼い子猫を飼うのか、成猫を買うのかということです。幼い子猫を育てるにも、人間社会に慣れた成猫を飼うにも、それぞれのメリットとデメリットがあります。猫を初めて飼うのでしたら尚更、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解して飼い始めたいですよね。

成猫を飼うデメリットはそのまま子猫を飼うメリットになる

成猫を飼育するメリットは、簡単に想像できるように、育てやすいということが言えると思います。ご飯、トイレなどのしつけが済んでいることはもちろん、性格や気質がしっかりと決まっていて、扱いやすいのが特徴です。環境が変わるのではしつけを一からしないといけないのではという質問をよく受けますが、その子の特徴をあらかじめ前の飼い主から把握しておけば、それほど新しい環境に慣れるまで手間がかかることはないと思います。また病歴などが明確で、その子がどのような病気にかかりやすいか、どのようなことに気をつければよいかがわかりやすいと言えます。

子猫を飼育するメリットは、成猫を飼育するデメリットにあたります。成猫を飼育するデメリットとして、まず多いのが名前を決められないということです。人間がどう呼ぼうとも勝手なのですが、大きな猫になると自分がその名前であると認識しているため、違う名前で呼んでもなかなか相手にしてもらえないでしょう。また新しい環境に必ずしも馴染めるとは限らないというリスクがあります。その点、子猫は小さい頃から自分で決めた名前で呼び、自分が飼育する環境に慣れてくれます。もちろんその分手間がかかるのも事実です。


関連するレポート

    None Found

Comments Are Closed!!!