猫の避妊手術のメリットとは?また手術にはどんなリスクがあるのか?

猫の避妊手術のメリットとは?また手術にはどんなリスクがあるのか?

猫の避妊手術を倫理的な側面ではなく、実用的な側面から解説します

猫の避妊手術についてです。猫の生殖器に関する手術は通常、オスには去勢手術、メスには避妊手術という言葉を使いますので、ここではメス猫の生殖器手術についての話をします。もちろん生物にとって本来生殖が本能であり重要であることは猫にとっても同じであることは言うまでもなく、それが倫理的に問題があるかどうかの議論はここではしません。現実的に猫の避妊手術が頻繁に行われるニーズがあるという現実があることを基に、ここでは避妊手術のメリットやリスクなどについて解説していきたいと思います。

猫の避妊手術を行いメリットと、手術に伴うリスクを理解しましょう

猫の避妊手術を行うメリットとは何でしょうか?まずは病気に関するリスクが減るということです。猫は病気に非常に弱い動物で、例えば乳ガンによる致死率は非常に高いのです。最初の発情期前に手術を行っておけば乳ガンにはなりませんし、交尾をしませんので性病や交尾による伝染病、生殖器に関する病気にかかるリスクがなくなります。また猫は発情期になると、交尾のできないストレスで鳴き続けたり、尿をいたるところでしてしまい、これらの行動は飼い主や近所の方のストレスにもなります。避妊手術を受けることでこれらのようなリスクを減らせるというのが手術の主な目的です。

では猫の避妊手術にリスクはあるのでしょうか?多くの場合、子宮摘出になりますから、麻酔に伴うリスクが考えられます。またオスの去勢手術でもそうですが、生殖器がなくなると全体的に意欲が少なくなるので、生活が怠慢になる傾向があり、運動量が減るために太りやすくなります。またホルモンバランスの影響が崩れ、皮膚病にかかりやすくなるようです。


関連するレポート

    None Found

Comments Are Closed!!!