猫を病院に連れていくとどれくらいの検査費用がかかるものなのか?

猫を病院に連れていくとどれくらいの検査費用がかかるものなのか?

野良猫を飼うにも、病院での検査費用が心配な人へ

猫を病院に連れていき検査を行うと一体いくらくらいかかるものなのでしょうか?例えば、捨て猫をどうしても飼いたい、または状態の悪い野良猫を飼うことはしなくても救ってあげたい、または譲り受けた猫の検査をしておきたい、など色々な動機はあると思います。特に動物を病院に連れていったことがない人にとっては、検査費用を予め把握しておきたいと思うのは当然です。ここでは各種検査費用がどれくらいかかるのか簡単に紹介していきたいと思います。

野良猫の初期検査費用と追随する検査について

まず野良猫を病院に連れていって検査をするとしましょう。初回の検査にかかる費用は概ね一万円強くらいだと思います。この検査には、初診料、検便、ダニ検査、ノミの駆除代、白血病やHIV検査などが含まれるのが通常です。特に野良猫や捨て猫には寄生虫がお腹いることが多いので、検便と駆虫薬は必須項目になります。蚤の量も家で飼われている猫とは比べ物にならないので、特別な駆除を施します。

次にその猫をそのまま飼うとして、一般的に必要な検査や治療の費用についてです。検査の結果がたとえ健康であったとしても、まずは病気をしないようにワクチンを接種する必要があります。ワクチンにも色々な種類がありますが、3種のワクチンで6000円くらいで、種類を増やせばそれだけ費用はかかります。またオスであれば去勢手術、メスであれば避妊手術を行うと思いますが、それには凡そ二万円弱(オスの方が安い)かかると考えておけばよいと思います。もちろん初期検査で病気がケガや発見された場合、その治療に必要な検査費用がかかることも覚えておきましょう。


関連するレポート

    None Found

Comments Are Closed!!!