猫カフェの営業形態やシステムってどんな風になっているの?

猫カフェの営業形態やシステムってどんな風になっているの?

一口に猫カフェといっても様々なお店があるのです

猫カフェといわれるようなお店の数は最近増えてきているような気がします。また雑誌やテレビなどで紹介され、認知度も徐々に高まってきているのではないでしょうか?猫好きな人が猫と一緒の空間をリラックスして過ごせる空間である猫カフェの実態は、一体どういうところなのか、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

さてここでは猫カフェという言葉を使っていますが、場所によっては「猫と過ごす休憩所」や「猫喫茶」と呼ばれることもあるようです。ただしその営業形態は大まかにいって同様です。どのお店も大体、猫が数匹から数十匹程度放し飼いにされていて、千円前後の時間料金に加えてワンドリンクオーダー制のところが多いです。多くのお店はホームページを運営していますので、行かれる前に料金体系や注意点などを把握しておくのがよいと思います。また多くの場合、予約を必要とするようなお店は少ないです。

猫カフェで気に入った猫を引き取ることができる!?

猫カフェの店の雰囲気は、普通のカフェのようなところもあれば、人間も猫もくつろぎやすいように普通の家を改造したような形態にしてあるところもあり、店の個性によって様々です。猫はお店に飼われているだけの場合もあれば、ブリーダーが展示販売を兼ねていたろ、保護団体による運営、しいては引取先や里親探しなど、気に入った猫を買い取ったり引き取ることができるようになっている場合もあります。猫の引き取り可能性に関しても、あらかじめホームページで確認しておくか、店員さんに確認をとっておき、トラブルのないように気を配るようにしましょう。


関連するレポート

    None Found

Comments Are Closed!!!